<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Dブロック感想。 | main | Fブロック感想。 >>

Eブロック感想。

覆面作家企画7 Eブロックの感想らしきものです。

なんだかもう、語彙もないし、誤読もしてそうだしで
たいへん残念な感じで申し訳ないです。

どの作品も楽しく拝読しました。

ネタバレがあるかもしれないので、未読の方はご注意ください。

E01 会長の戸隠〜高原学園生徒会記録〜

にぎやか生徒会学園もの。
楽しかった!
日本神話に基づいているんだと思うけど、
基礎知識がなくて天岩戸くらいしか元ネタが
わからなくてちょっと残念だった。


E02 ヒロイック・ガーリッシュ

やさしい気持ちに、泣きたくなった。
解放されようでよかったなぁ。
しあわせな気持ちになった。


E03 明日の行方

なんというか、良い話だった。
映像が目に浮かぶようできれい。
いろいろ解けるし、沁みる。


E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き

こわい。
そしてはた迷惑だよなぁ、こういう人。
(全然そういう問題でもレベルでもないけど)
整然とした調書なのに、佳奈江の言い分が、普通に狂っていて
際立つ。


E05 身代わり

滅びへ向かうお話の前日譚のような。
身代わりにされるのは不憫だけど、
生年月日も容姿も似通っているということは
はなからそういう運命だったということだろうか。
何の慰めにもならないし、それもまた理不尽だけど。


E06 娑婆電光クロスロード

語り口が軽妙で、リズミカルで、読んでて楽しい。
そうだよねぇ、物の怪も戸惑うよなぁと
何だか、ほっこり。


E07 暗夜航路 Eclipse route

ルルール、とちっちゃいこが可愛い。
「人類」って、どうしても自分の側で判断しちゃうけど、
そうだよなぁ、と。
もっと、この先も読んでみたい。


E08 電子レンジ、ひかる!

かわいい、たのしい、大好き。
「叔父さんは馬鹿だったのです」、とか身も蓋もない! とか思ってたのだけど、
ラストの「小3だなぁ」って容赦なさすぎるよ、瞬くん!
おもしろかったー。


E09 光の先へ

圧倒的な孤独がさみしい。
光の外じゃなくて先、ということが、生き抜くという
意志の強さに感じる。

E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった

せつないんだけれど、ラストはやさしく、救いがあるようにも思える。
情景がうつくしくて、すごく浸れる。
moes * - * 19:21 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

覆面作家企画7でお世話になりましたE01の藤原湾です。お礼に参りました。
楽しく読んでいただけて、ほっとしています。ベースは天岩戸だけなのです。
感想を頂き、ありがとうございました!
Comment by 藤原湾 @ 2016/03/01 12:21 AM
こちらこそ、お世話になりました。

名前とか、学校名とか、日本神話モチーフだと
想われるものがちらほらあったので、
そちらの方も気になったのでした。

楽しい作品をありがとうございました!
Comment by moes @ 2016/03/03 9:52 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ