<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 覆面作家企画 | main | Bブロック感想 >>

Cブロック感想

覆面作家企画 Cブロックの感想(と言うよりメモ書き)です。


各ブロック順不同に読んでます。
都度、感想追加していきます。

Cブロック、読了しました。
たのしく読ませていただきました。
作者さま推理は出来ませんでしたが、明日の発表を
楽しみに待ちたいと思います。


ネタバレすることもあると思うので未読の方はご注意ください。
【C-10】 『待ち人の庭』
   すごく好き。ただよう空気がきれいな感じで。
   主人公と彼の距離感ある関係も好みv
   ひっそりとした情景もスキ。

【C-7】  『花の色は一楽の、』
   独特な雰囲気。会話が絡み合ってるのかいないのか、
   よくわからないままに積もっていって。
   静かで良い。
   最初、河西がどっちのコかわからなくてちょっと悩んだ。

【C-12】  『瑠璃の花 翡翠の天女』
   中盤から、ラストのはある程度読めてはいたんだけれど
   ……怖いなぁ。
   本当にありそうな(あったような)話っぽくて、余計に
   コワイ感じ。
   花の名前とか、漢字の使い方が雰囲気あって綺麗でした。

【C-1】  『華燭前夜』
   少年が一生懸命でかわいいです。
   こういう雰囲気のものは読みなれてないのでどちらかといえば
   苦手なのですが、わかりやすくてすんなり読めました。
   裏に隠されたキモチがかなしくてやさしくて、良かったです。

【C-2】  『キース・フレッカーと氷の上の人々について』
   「岸に立つことを選ばざるを得ない性質を持って……」
   この文章、すきだなぁ。わかるというか。なんとなく。
   二人が今後どんなことをしでかすのか楽しみです。
   (別に何にもしないかもですが、二人で居るだけで
   楽しそうだ)

【C-3】  『君に託して』
   じんわりかなしくて、でもやさしくてふんわりしたキモチに
   なります。
   余韻がすごく残る。


【C-4】  『それは庭先の赤に似ている』
   情景が丁寧。それがうるさくなくてちょうど良い感じ。
   ととのえられた庭が目に浮かぶよう。おちつく。
   ラスト、良いなぁ。

【C-5】  『とある男の呟き』
   個人的にツボ。いいです、純一郎。(この名前は苗字と
   あわせて何だか気になる…)
   負け(?)決定なのに小娘とか言ってるし。…かわいい。
   シモバシラ、初めて知りました。すごい。写真で見ても
   綺麗です。本物見てみたい。

【C-6】  『花』
   冬十字色ってどんな色なんだろう。でも雰囲気があって
   良いなぁ。
   透明な空気がやわらかくて壊れやすいガラスのイメージ
   なのにあたたかで、ふんわりしました。
   
【C-8】  『花のケーキ』
   かわいい。 
   勘違いというか思い込みってあるよな、とわが身を
   振り返ってみたり。
   クイーンが度量の広い人でよかった。
   はじめの悪態付き合いの二人も良かったですが
   さいご関係良好になってる二人も微笑ましい。

【C-9】  『バラの花束』
   気持ちのすれ違い、なのかな。
   バラの花束の彼女は彼に不満なんてなかったかもしれないし
   花束を下向きに持つのだって、そのほうが花が長持ちするって
   知ってたからかもしれないし。
   なのに彼はマイナスとしか思えなくて。
   もどかしい……。

【C-11】  『曼珠沙華』
   読者に語りかけているような感じの作り。
   全体に流れるあやしげな空気。
   語り手は誰なんだろう。犯人? でも最後を読むと……
   うーん。ナゾ。怖いなぁ。
   
moes * 覆面作家 * 21:04 * comments(2) * trackbacks(1) * pookmark

コメント

 「君に託して」作者の桐生です。
 感想ありがとうございました。嬉しい褒め言葉に小躍りしています。
 私もmoesさんの作品を拝読して推理を試みたのですが、見事に外して失礼致しました。(^^;)カナンちゃん、とても可愛いかったです。
Comment by 桐生愛子 @ 2006/02/06 10:20 PM
わざわざありがとうございます。
「君に託して」、想いがすごくやさしくて
ちゃんと伝わってる感じが好きです。
(ボギャブラリーがなくてうまくいえませんが)

推理、ありがとうございました。
こんな風に思ってもらえたんだー、とうれしかったですv
かわいいと言ってもらえて、ほくそ笑んでました。
Comment by moes @ 2006/02/07 10:28 PM
コメントする









トラックバック

覆面作家企画・感想御礼2

昨日書き忘れていた(見落としていた?)分のお礼を。これまた無断で引用させていただきますが、不都合がございましたらお知らせください。continue真冬さまはじめまして。ブログでの感想を楽しく拝見させていただきましたvじつは個人的にもっとも苦手な分野なのですが、
From 戯言-古城ノ詩diary- @ 2006/01/30 11:00 PM
このページの先頭へ